知っておきたい冠婚葬祭情報

披露宴はどのように進んでいくか

まず披露宴で会場に向かう際は遅れてしまうのはマナー違反になるので、交通渋滞を予測して会場に到着できるようにしましょう。
そして受付に行ったら一礼をして、本日はおめでとうございますとお礼の気持ちを伝え祝い金を持参した場合は受付に渡して記帳をしましょう。
受付をした後は控え室に行って、新郎新婦や両家の親族にあったらお祝いの言葉を伝えましょう。
入り口では新郎新婦の出迎えを受けたら、軽く頭を下げてお祝いの軽い言葉を一言伝えましょう。
着席して初対面の人がいたら自己紹介をしてよい雰囲気を作る努力をしましょう。
良い披露宴にするのは招待客の役目でもあるため、挨拶やスピーチの際には静かに耳を傾けて、始まりと終わりには拍手をしましょう。
食事をする際は周りの人と歓談をしながら行い、アルコールおは控えめにしてペースは周囲にあわせましょう。
披露宴が終わったら周囲の人に挨拶をしてから席を立ちましょう。
メニューは席札は持ち帰るのがマナーなので忘れないようにします。
出口では新郎新婦や両親に対して、末永くお幸せになど伝えましょう。
その後、もし二次会に出席する際は遅れないようにして向かい、会費はお釣りがないように準備をしておきましょう。